FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいブログのURLは thai-asia.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
↓1クリックお願いいたします ブログランキング参加中です↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

キングオブタイナイト

FC2Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

エアーアジアX 成田-ドンムアン線 搭乗記

 【17//2014】

今回は、2014年9月に就航したばかりの、
エアーアジアX 成田-バンコク(ドンムアン)直行便
に乗ってみました。
オープニングセールで買ったので、わずか往復28,000円ですw

さて、成田出発前日にインターネットチェックインを行い、事前に航空チケットをプリントアウトしていきました。
どうも14日前にはインターネットチェックインができるようですね。
このとき、旅行保険に加入させるような作りになっており、チェックを外すのに苦労しましたw
座席は、往復ともにB(3列座席の真ん中)でした。
持ち込みなし、食事なし、座席予約なし、旅行保険なしと最低料金を追求したのでしょうがないですね・・・

さて、成田空港(第2ターミナル)に到着後、紙で出力したチケットとパスポートを持って
出国の手荷物検査を受けようとすると
「この紙のチケットではダメだ」と門前払いされ、カウンターでチェックインするように言われました。
「この紙は何なんだ」と思いながらも、エアアジアのチェックインカウンターを探すと、カウンターは「N」とのこと

それで、Nカウンターがどこにあるかしばらく探したものの、横一列に並んだカウンター群には「N」は見当たらず、
なんと「ドアの外に出ろ」という表示を発見w



カウンターは以下のような感じです。
ここで発券してもらいます。
手荷物がある場合には、ここで預けます。



そして、出国審査を終え、機内へ・・・
で、もちろん、成田空港ではバスで飛行機の駐機しているところまで移動です。
ゲートは70Kです。70番台はみんなバス移動です。。。


機内へ乗り込むと、給油中のため、出発前でも機内での携帯電話、電子機器の使用は禁止でした。
バンコクからの便が成田に朝10時前に着いて、とんぼ返りで朝10時半に成田を出発するという
成田空港での滞在時間の短さが運賃の安さのポイントなんでしょうね。

機内の食事は、事前にインターネットでも予約できますが、機内で直接注文しても大丈夫のようです。
事前に予約した人は航空券をCAに見せるシステムでした。
(隣りの人がそうでした。食事は写真の通り質素でした。)
僕は、成田空港でおにぎり2個と水1リットル(合計370円ほど)を買っていって、機内で食べたので、
機内では何も注文しませんでした。
機内アナウンスでは「持ち込みは禁止」とアナウンスしていましたが、
ほとんどの人がペットボトルくらいは持ち込んでいたでしょう。
あからさまな弁当だと注意されるでしょうが、、、



肝心の機内ですが、座席は狭いですね。
背もたれの角度も90度くらいで、リクライニングもできますが倒せる角度は小さいです。
通勤電車に6時間半も座っているような感じでした。。。
3列の真ん中の僕はいいほうで、窓側はトイレに行くのに勇気がいりそうです。

さて、ドンムアン空港着陸後は、バスではなくてゲートに接続されます。
スワンナプーム空港より狭いので、ゲートからイミグレーションにもそれほど時間はかかりません。



さて、ドンムアン空港から市内中心部へのアクセスについては、タクシー(最速だが300~400バーツと高い)、
ファラポーン駅まで鉄道(最安だが時間が読めない)という選択肢もありますが、
荷物がそれほど多くない場合には、モーチット駅までバスで行くというのが安くて速いと思います。

バスの乗り口は税関を通って左手に進むと出口6番あたりです。
スワンナプーム空港へ向かう「SHUTTLE BUS」という表記が目印になると思います。

そして、6番出口を外に出ると、写真の通り案内板があります。
表記は「BTS,MRT Mochit」とありますが、MRTチャットチャック駅とBTSモーチットの
ともにすぐ前にバスが下車しますので、BTS、MRTともに乗り換えは楽です。
その後、北バスターミナル(モーチット)に向かいます。
料金は左下にある通り30バーツです。
バス内で料金徴収係りが各席に回ってくるので、そこで精算します。



感想としては、疲労感が強いですね。
あんまり眠れないし、満席だったのもあって窮屈な感じです。
個人的には往復4万円以下なら乗ってもいいかなという感じです。
連休のときなどは避けたいですが・・・・・



新しいブログのURLは thai-asia.net/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
↓1クリックお願いいたします ブログランキング参加中です↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

キングオブタイナイト

FC2Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




Category: 航空券・交通関係

Theme: タイ・バンコク

Genre: 海外情報

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。